株式会社三高土木は、昭和22年にこの地に創業し、このまちに根を張って生きてきた会社です。
この土地の地盤や、気候や、産業や、人の流れを知り尽くし、このまちに暮らしながら、
真正直に仕事をしてきました。
まちの利便や安全、発展を自ら創り出す心意気で、新たな技術にも挑戦してきました。
三高土木は、お客様と、このまちと、地元の仲間である社員みんなが幸せになれる会社を目指しています。
夢を描けないまちづくりは意味が無いというのが、私たちの理念。
自分たちが住みたいまちを自分の手で創れるのが、私たちの仕事の醍醐味です。

会社概要

社名 株式会社 三髙⼟⽊

本社アクセス(Googlemaps)

本社所在地 〒949-8403 新潟県⼗⽇町市⽥沢本村280-1
TEL.025-763-2541 FAX.025-763-2542
http://www.sankoudoboku.jp/
代表者 代表取締役 瀧澤 和彦
創業 昭和22年 8⽉ 8⽇
設⽴ 昭和33年12⽉21⽇
資本⾦ 3,000万円
事業内容 総合建設業
⼟⽊⼯事・建築⼯事・電気⼯事・管⼯事・さく井⼯事・造園⼯事
建設業許可 特定建設業 新潟県知事許可 第8048号 土木・とび・管・造園
一般建設業 新潟県知事許可 第8048号 建築・さく井・電気

グループ会社

三高土木 滝沢建設

「三髙土木」は、土木・建設事業を幅広く行う会社です。当社の歴史はまちの発展の歴史、そして挑戦と創意工夫の歴史でもありました。自然相手だからこそ生じる課題への挑戦、より高い品質を実現するための挑戦、より迅速で安全な工事を実現するための創意工夫─新しい技術を積極的に取り入れる姿勢も、当社の社風かもしれません。例えば、除雪監視カメラを導入して巡回の手間を無くし、迅速な出動を可能にしたのは当社が初めてでした。大型土嚢を作る装置を開発し、安全性と作業効率を高めたのも、三髙土木のアイデアです。
また、兄弟会社の「滝沢建設」は、環境とエネルギーコスト削減に向けたシステム提案・施工に特化した建設企業です。独自の価値を付加した提案により、商業施設・オフィス・工場から一般住宅まで幅広いお客様に選ばれています。
とことん真面目に、楽しんで、夢のある仕事をすること。それが三髙土木・滝沢建設のモットーです。

滝沢建設サイトへ(別サイト)